軒のあるパッシブデザイン/冬は高気密高断熱で日射を取得。夏は高気密高断熱より日射を遮蔽 | 空間デザイン住宅 Soraie 〜ソライエ〜 Produce by (有)まきび住建

BLOG

- Soraieのじかん -

軒のある住まい・パッシブデザイン

2020年11月1日

岡山市の工務店空間デザイン住宅Soraie/まきび住建は手の届く価格で実現する高性能住宅を目指しています。

耐震等級3・C値0.3・Ua値0.46の高性能を実現し、その性能をベースに耐久性や素材感など、コストに見合う価値ある住まいを目指しています。

岡山市東区に建築させていただいてるO様邸は1Fがワンフロアで開放的な住まい。

2Fの無い下屋根部分をリビングに配置し、勾配天井で開放的な明るいリビングとしています。

南は田園が広がり、見晴らしも良く日射もとてもよく入ります。

岡山は晴れの国と呼ばれる通り、非常に日射も多い地域柄ですが、冬は氷点下にもなる寒い地域でもあるため、

日射は冬は入れるように、夏は入れないように考える必要があります。

O様邸は南側にかなり大きな掃き出しがたくさん取れているため、軒を少し深く出しています。

岡山のような地域は夏冬両方考慮すると一般的には1/3が良いと言われています。

こちらは少し深く1.2mですが、南に広く太陽を受けることができるお住まいのメリットを生かし、夏の暑くなるデメリットを消しています。

今はお家が高断熱化(熱を逃がさない)しているので小さいエネルギーで部屋の温度コントロールが可能ですが、

太陽を敵にすると温室にもなりかねないので注意が必要ですね。


Category: お家まるごと暖かい。高断熱・高気密な住まい。ただ今建築中!Soraieの家づくり