2017 1月 | Soraie(ソライエ)では大切な家づくりを通じて、「空間の使い方」「時間の過ごし方」「家族のつながり方」いわばご家族だけのスキップフロアのあるライフスタイルをご提案したいと考えています。

BLOG

- Soraieのじかん -

お家まるごと暖かい。高断熱・高気密な住まい。 快適な室内のために

2017年01月27日

空間デザイン住宅Soraie/まきび住建では、
岡山市を中心にスキップフロアーを使った意匠デザインから
高気密・高断熱を用いた温度差の少ない快適なパッシブ環境デザインまで、
トータルの空間デザインを目指した家づくりを進めています。

空間デザイン住宅Soraieが目指すのは、
パッシブデザインをベースにコストも考慮した高気密・高断熱です。
住まい手にも、家計にも、環境にも優しい。そんな住まいです。

先日丙川パッシブ体感モデルハウスに導入しました、netatmo。

外気温も室内温度・湿度・2酸化炭素濃度も24時間測定できる優れものです。

先週よりエアコンを18:00にオン24:00でオフのタイマー設定で稼働しています。

日中は無暖房環境です。

今週は寒波の影響で温暖な岡山でも-4℃を計測しています。

上記はエアコンの可動が切れる24:00の玄関の温度です。19.5℃を記録しています。

LDKが21℃なので、家の温度差がほとんどない環境になっているのが確認できます。

ここからはエアコンがOFFになり温度が低下していきます。

翌日の朝の玄関の温度です。15.6℃まで低下していますが、15℃を切っていません。

ここを底に、夕方までは日射の取得とともに温度が上昇していっています。

エアコンを切ってから、付けるまでは日射のあるなしで温度が上昇下降しますので、

雨の日や曇りの日で日射が無ければ、温度の上昇が無く温度低下すると思いますので、

日中の暖房も必要になっていきます。

この建物は3種換気で熱交換をしないので、18:00~7:00などのエアコン運転の方が

環境も良くなるでしょうか。

 

 

 

 


Category: お家まるごと暖かい。高断熱・高気密な住まい。

スキップフロアーを使った新しいライフスタイル 自然素材に囲まれて、緩やかにつながる大空間28日・29日は見学会!

2017年01月23日

空間デザイン住宅Soraie/まきび住建では、
岡山市を中心にスキップフロアーを使った意匠デザインから
高気密・高断熱を用いた温度差の少ない快適なパッシブ環境デザインまで、
トータルの空間デザインを目指した家づくりを進めています。

 

岡山市南区宮浦にお引渡しのI様邸は、宮浦湾にほどちかい風光明媚な立地。

オークの床材としっくい壁、アクセントに桧と自然素材に囲まれ、

またスキップフロアーの特徴である緩やかな繋がりを生かした大空間が特徴です。

ダイニングからリビングの階段は幅を2m以上持たせており、

上り下りを超えて、ダイナミックな部屋のつながりを演出させます。

しっくい壁は丙川パッシブ体感モデルハウスと同じく、

ロハスウォールさんのものを採用いただきました。

奥様とお父様がDIYで・・・最初から最後まで頑張られました。

部分的にレンガ調の鏝ムラや、もっと荒らしたテクスチャーも取り入れられています。

こちらは玄関ですが、Rのニッチ棚の部分など・・・お施主様がされたと思えないほど、

素晴らしい仕上がりです。

完全予約制ですが、1月28日・29日にはお施主様のご厚意で、

完成見学会を開催させていただきます。

スキップフロアーを利用した家づくりをてがけさせて頂いている、

空間デザインSoraieですが、

ここまで多数の特徴を取り入れたのスキップフロアー住宅は初めての試みです。

お施主様とも相談しながら、長期優良住宅と出来るよう、構造的にもご協力いただきました。

ご都合つきましたら、是非ともご来場・ご体感ください。

 

 

 


Category: スキップフロアを使った新しいライフスタイル

お家まるごと暖かい。高断熱・高気密な住まい。 室温をコントロール

2017年01月21日

空間デザイン住宅Soraie/まきび住建では、
岡山市を中心にスキップフロアーを使った意匠デザインから
高気密・高断熱を用いた温度差の少ない快適なパッシブ環境デザインまで、
トータルの空間デザインを目指した家づくりを進めています。

丙川パッシブ体感モデルハウスにこんな機械を置いてみました。

NETATMOという商品で、外の気温や内部の室温・湿度などを測定してくれるものです。

ジュースの缶より一回り小さいのですが、2酸化炭素の濃度や騒音まで

測定して、さらに宅内のWifi環境を通じてネット上のサーバーで記録できるようです。その分お値段も普段おいている1000円クラスの温湿度計の10倍以上ですが。。。

HPにログインすると、外の気温・室内のデータが残り始めました。

理論上暖房の負荷のかなり低い住まいですが、

夕方18:00から0:00まで21℃自動でエアコンを入れて、

残り時間は無暖房の環境で実際どのような室温変化になるのかと、

エアコン代が月にどのくらいかかるのかをチェックするために導入しました。

ちょっとマニアックな世界ですが、いつでもご覧いただけますので、ご興味あるかたは是非(笑)

 


Category: お家まるごと暖かい。高断熱・高気密な住まい。