高台の眺望を生かした一種低層地域のスキップフロア住宅 | Soraie(ソライエ)では大切な家づくりを通じて、「空間の使い方」「時間の過ごし方」「家族のつながり方」いわばご家族だけのスキップフロアのあるライフスタイルをご提案したいと考えています。

BLOG

- Soraieのじかん -

高台の眺望を生かした一種低層地域のスキップフロア住宅

2016年06月20日

岡山市中区に建築させて頂いているこちらのお住いは一種低層地域で高さが厳しく制限されていて、有効敷地面積は30坪ほど。

その限られた空間をスキップフロアーを使って最大限に生かしています。

北側は斜線制限で高さが限られているので階高も通常の高さより2Fは1m低く抑えています。こちらから見ると通常の2階建てとほとんど変わらないですね。

中がどんな風になっているかというと・・・片流れの屋根断熱を生かして、

通常の天井高さを大きく超える4mまで一息にあげて低さを感じさせない作りにしています。高さを生かして1.4m以下のスキップ空間を確保して、お子様の秘密のキッズルームを作っています。

屋根断熱は屋根が近いので暑いと勘違いされやすいですが、断熱&通気層を確保し、断熱の上で囲まれて暑くなる小屋裏を作らない構造なので、ロフトや小屋裏のご検討の方もご安心ください。

南から見ると、スキップフロアの特徴が少し見えています。

赤字の下の方がスキップフロアのリビングで、掃出しからスキップバルコニーに出られるだけでなく、

部屋に居ながら町を一望できる眺望が望めます。

こちらが上方にある展望バルコニーからの眺望です。

岡山は平野がちなので、どこまでも町が見えています!

快適な住まいは当然ですが、その住まいが持つ特別な景色も大きな価値を持つライフスタイルですね!


Category: 施工実例。それぞれの価値のあるライフスタイル