「夏の高気密・高断熱住宅」は快適ですよ2 夏の太陽と冬の太陽と日本の住まい | Soraie(ソライエ)では大切な家づくりを通じて、「空間の使い方」「時間の過ごし方」「家族のつながり方」いわばご家族だけのスキップフロアのあるライフスタイルをご提案したいと考えています。

BLOG

- Soraieのじかん -

「夏の高気密・高断熱住宅」は快適ですよ2 夏の太陽と冬の太陽と日本の住まい

2017年05月10日

空間デザイン住宅Soraie/まきび住建では、
岡山市を中心にスキップフロアーを使った意匠デザインから
高気密・高断熱を用いた温度差の少ない快適なパッシブ環境デザインまで、
トータルの空間デザインを目指した家づくりを進めています。

冬はとても気持ちが良くて暖かい太陽も、夏になるとギラギラとまぶしく暑くなります。

これが日本の四季だから・・・冬の寒さをどうやっても防げなかった昔の日本の住まいは

「夏を旨とする。」ずっとそんな時代でした。

軒を深くして夏の高い太陽を遮り、冬の低い太陽は取り込む。

緑を庭に植えて西日を遮り、または木陰をつくり涼をとる。

縁側をつくり外部とのつながりや通風を大きくとる。

意外と日本の昔の家屋は夏のパッシブデザインに優れていました。

断熱材がまだ少ない時代、気密という概念が無い時代でも、

太陽や風の自然の力を最大限コントロールしようとしていました。

こちらは丙川パッシブ体感モデルハウスの3月21日丁度春分の日の

正午ごろの日射の様子です。丁度日射が中間の高さを迎えることですが、

まだ1mほど日射が室内に差し込んでいます。

今の日本の家屋は、「断熱・気密」が良くなり冬の住環境も本当に良くなりました。

なのでヒートショックなどを考えれば「冬も旨とする」必要があり、冬の太陽は

しっかり取り込む必要があるので、あまり軒が深くできません。

丁度1か月後の4月21日の正午ごろの日射の様子です。

すっかり太陽が高くなり、軒に遮蔽されて太陽が入ってこない様子です。

このように、軒を出す事や、庇を取り付ける。ことで太陽をコントロール出来ます。

もちろん手動で簾を上げ下げしたり、シャッターなどでコントロールも有効です。

このように日射をしっかり遮蔽できた「高気密・高断熱の住まい」は、

壁や天井が暑くならない木陰のような・・・そしてエアコンの熱は逃がさず省エネな

快適な住まいを実現することが出来ます。

 

 

 


Category: お家まるごと暖かい。高断熱・高気密な住まい。